山田純平が天職を見つけるまで(その5)

この記事の目次

毎日が日曜日♪という自由を味わう。

上司に退職を伝えてから、トントン拍子で仕事が減っていき、スムースに辞める流れになりました。

コミットした退職というのは、このようなものかもしれない。と感じ「人生って面白いな♪」と思った瞬間です。

今の自分に不要なものを手放すと、新しいものが入ってきて流れができるんですね。

手放すまでが大変、、というのはありますが。^_^;

5月末で退職してからは、毎日が日曜日です!

朝起きてから、何かしたいことを考えて、行動する。

そんな日々が始まりました。

やりたい事が見つかっていた訳ではないのですが、毎日が新鮮な感じでした。

「今まではどんだけ毎日、縛られて生きていたのか、、」と感じます。

この伸び伸び感のまま仕事ができるのが理想なのだと思いました。

そんなことを考えながら、しばらくは朝8時くらいまでぐっすり寝ることになります。^_^

睡眠も知らないうちに削っていたんですね。

システムエンジニアをしている時にはなかなか気づけないものです。

ですので、しばらくは、自分の心と体を休めることにしました。

やりたい事を見つけるのにも、心身の余裕は大事ですね。

今は感情カウンセラーもしていますが、悩みの解決や癒やしって大事だと思った良い体験でした。

毎日のんびり過ごして、ある意味フラフラ生きる感じではありましたが、超頑張る価値観だったわたしにとっては、良い期間だったのだと思います。

2週間ほどはそんな日々を過ごしていましたが、ゆっくりと「やりたい事を見つける」「天職探し」にとりかかっていきます。

大型書店でいろんな刺激を得る!

退職してからしばらくはフラフラ過ごしていました。

平日の昼間にカフェでのんびりお茶するのは、なんとも言えない満足感でしたね。

そんな余裕も忘れていたのでしょう。

ちょっとした事が幸せだったりしますからね。

そんな満たされ感を味わいつつ、これからどうしようか考えていました。

時間の制約はありませんからね。行動の選択も自由です。

でも、自由に慣れていない、、俺、、

そんな訳で、原点に帰り自分が好きなものを探すことにしました。

経験上、こんな時は大型書店がオススメです!!

たくさんの種類の本が置いてありますからね。

いつもは行かない本のエリアに行って、表紙などを見てみることで新しい刺激を受けることもあります。

そんなことを意識しながら、本屋で長居していました。

半日くらいる時もありましたね。

興味のある本は買って帰りますが、気になる本がたくさんあったので。^_^;

料理に、旅行。精神世界や肉体の本。

建築やレストラン、植物の本など、読みだしたらきりがありません。

そして、気になるものは試してみました。

気になるレストランに行ってみる。

興味が湧いた建築物を訪ねてみる。

行きたいと思った場所に行ってみる。

それがやりたいことや天職に繋がるのかどうかは分かりません。

分からないから行ってみる。というほうが正しいですね。

とりあえず、自分の好奇心を満たし続けることにしました。

今まで試したことがないフルマラソンに参加申し込みもしました。

しかもハワイ島で開催される、現地のマラソンです。

そんなものでも、インターネットで申し込めるのは便利ですね。

正直、本当に申し込みされたのか不安でしたが。^_^;

(全部、英語だったし、、)

できる範囲でですが、自分の枠を出るように選択していましたね。

無難なものは選択しない。

ちょっと怖いけど気になるものを選択する。

そんな毎日の始まりでした。

今、思い返してみると、不安と希望が混ざりあった不思議な時間でしたね。

雑誌などで見た気になるお店には、遠くても行ったりしました。

割といいレストランに一人で行ったりして、ドキドキしたものです。^_^;

結果的に、新しいことへのチャレンジに慣れたのかもしれません。

やりたい事を見つけるためにがむしゃらだったんでしょうね。

そんな感じで、1日がだらだら過ぎないように、生き始めたのでした。

子供の頃のように大人も生きたい!

退職してから大型書店に入り浸る感じの生活になりました。

毎日良く寝て、やりたくない事を頑張ることから開放されて、数週間。

随分と心が癒やされて、本来の人間としてまともになってきた気がします。

ここで言う、「まとも」とは、自分の気持ちに素直に生きているという感覚です。

それまでは、いつも頑張って遅くまで働くのが普通と思っていましたが、違っていたんですね。

そこから出ていかないと分からないのでしょう。

一般的な会社員からしたら、ぐうたらな人に見えるでしょうね。(笑)

でも、子供がそうであるように、大人も実はもっと自由に生きたいのだと感じます。

ただ、書店での日々を過ごして、色々と試してみましたが、これという「やりたい事」は見つかりませんでした。

日々、満たされていく感じはありましたが、「これをやって生きていきたい!」と思えるものには出会えなかった感じです。

次の一歩をどうしようかと考えていましたが、出会いを求めて気になるセミナーや講演会に行くことにしました。

平日の昼間でもセミナーに行ける状態だったので、気になるものには色々行きましたね。

基本的には、「本当の自分を見つける。」ことに関連しそうなものでした。

「自分が気になることは全部試してみよう。」

「目の前のことを一生懸命こなせば、道は見えてくる。」

「いつもの日常に感謝して生きよう。」

など、分かったような分からないような内容でしたが、、^_^;

本質的には合っていることもあるかもしれませんが、当時は理解できませんでしたね。

そんな感じで、意味があるようなないような感じの日々が過ぎていきました。

そんなある日、大人数のセミナーに参加しました。

内容はよく覚えていませんが、「自分らしく幸せに生きる」ようなテーマだったと思います。

そこでのワークのシェアで一緒になったヒーラーの奥さんとの出会いが、わたしの人生の転機となりました。

今まで、ヒーリングというものは経験もなく、目に見えないものは信じられないタイプでしたが、何となく気になってしまうのでした。

トラウマが人生を辛くしている。

セミナーで出会ったヒーラーの奥さん。

そこでバーストラウマやインナーチャイルドのことを知ります。

※トラウマの詳細はこちら。

最初は「なんじゃそりゃ!?」と思いましたが、当時は「頭では進みたいのに、心がそれを止めてしまっている」感じがしていたので、聞いているうちに納得感が出てきました。

自分らしく変わりたいけど、変わるのが怖い。

自分が満たされる人生へ進みたいけど、変化への一歩が怖い。

気になることはチャレンジしたいけど、失敗が怖い。

そんな思いを感じていたので、トラウマの内容が響いた感じです。

初めて聞いた内容でしたが、心の奥が納得している感じでした。

そして、そのバーストラウマやインナーチャイルドを扱うヒーリングについて調べてみると、たまたま大阪でセミナーがありました。

しかも、月曜日。

システムエンジニアになって11年。

体調不良で1日しか休んだことがない優良社員だったので、自分の都合で年休を取得するなんてありえない状態でした。

頑張ることが自己価値だったわたしにとって、なかなかの罪悪感がありました。

ただ、「これは試されているな、、」と感じ、頑張って有給休暇を取ることにしました。

上司に伝える時は嫌な感じでしたね、、

でも、その時は嫌われてもいいと思って、 有給休暇 を取りたいと伝えました。

そこまで無茶なことでもないのですが、24時間頑張るマンだったわたしにはキツイ事でしたね。^_^;

でも、自分の人生を変えたい思いが勝った時でもあります。

こうやって、自分らしい人生へ進んでいくことで、自分の枠も広がっていくのを感じました。

初対面の人から農業の誘いを受ける。

大阪で月曜日に開催されたセミナー。

ヒーラーの奥さんから聞いたトラウマを取り扱うヒーリングを提供している方の開催でした。

そのヒーリングはもちろんですが、セミナーもとても気になりました。

セミナーの内容は「コミットメント」

その頃はコミットという言葉も一般的ではなく、とても刺激的でした。

自分のために会社を休み、罪悪感と期待を胸にセミナー会場へ向かいました。

セミナー会場に着くとそこには20人くらいの参加者がいました。

みんな知り合いっぽい感じで、かなりアウェイ感がありましたね。(笑)

でも、「このヒーリングには何かある。」と感じていたので、気にしないでセミナーに参加しました。

セミナーはコミットについての話で、聞いたことがない内容ばかりでしたが、妙に説得力がありました。

本質的な話が多かったので、頭ではなく心に響いたのかもしれません。

話を聞いて、ワークをして、を何度か繰り返していましたが、その休憩時間に参加者のある男性から、「これからの地球に必要な農業をしないか。」と誘いを受けました。

その男性とはもちろん初対面です。(笑)

その時はびっくりしたものありましたが、農業はリスキーで厳しいイメージが強かったので、速攻でお断りしました。

もっと格好いいシュッとした仕事がよかったんですね。(笑)

見た目や人の目をとても気にしていたので、そこに囚われていただけですが、、

ということで、その場はそれで解散しました。

ヒーリングは気になりつつも、怪しい思いもあり、その時は見送ることになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次